Vol.11 テイクアウトサイトへの集客

さて、肝心のテイクアウトサイトへの集客をどうするかです。
もし、あなたが今から実店舗を新規オープンさせるとしたら、どのようにしてそのオープンを人に知らせますか?おそらく、近辺でチラシを配ったり、ポスティングしたり、新聞折り込みを利用したりしますよね。基本、それと同じです。でも、今、ラッキーなことにあなたには実店舗と言う強い見方がいます。まずは、

1)店内でテイクアウトサイト開設の張り紙をする。
2)店頭にテイクアウトサイト開設の張り紙をする。
いわば、既存客へのPRです。“店内メニューとテイクアウトメニューを分ければいい”とお話してきましたが、分けておくことで、既存顧客をテイクアウトメニューの新規顧客にもなってもらえます。

3)近所周りにポスティングする。
4)新聞にチラシを折り込む。
料理を取りに来てもらえる範囲を想定し、そのエリアにポスティングや新聞折り込みをする。

インターネット上に存在する「テイクアウトサイト」と言っても、集客活動でやることは、超アナログです。張り紙にしても、そこには“気持ちを込めて”書くことです。“テイクアウト始めました”という告知だけの張り紙はNGです。どんなメニューを載せているのか、どんなサイトなのか、そこにサクセスして実際に1度でもいいので注文までしてもらうぐらいの気持ちで書くことです。チラシのポスティングをするにも、定期的におこなう。そして、そのチラシの内容も毎回変えるなどの工夫をする。その積み重ねが、集客⇒リピーターとなっていくのだと思います。

一気に集客すると逃げる客も多い。じっくり固めた客は逃げない。
そう思って焦らずにコツコツと集客することです。そうすると、テイクアウト業務が事業の安定した柱になっていくと思います。

Y.Murasaki