Vol.10 その料理写真NGです。

“写真の良しあしで、売れ行きが決まる”。
これは、ネット上でモノを販売するサイト全般に言えることです。テイクアウトサイトも同じ。写真の撮り方次第で、その料理がおいしくもまずくも見えてしまいます。誰でも、料理写真をきれいに撮りたいですよね。だからと言って、プロの写真家に撮影依頼するとお金もかかるし、やっぱり、最後は自分で撮影するしかないんですよ。今はスマホという最強の撮影機材があります。そこに、揃えたとしても、簡易的なライティング機材ぐらいでしょう。

問題なのはその料理の撮り方です。これだけは、ご自身で勉強しないとダメです。Googleで検索すると、スマホできれいに撮る方法など撮り方ノウハウのページがいっぱい出てきます。とにかく、料理写真を撮ればいいという感覚でいると、料理写真が暗かったり、ぼやけてたり、余計なモノが映っていたり、何の抵抗もなく平気にNG写真を掲載してしまうことになります。それでは、売れるものも売れません。最初は知識の詰込みでもいいです。それを何度も実践していくと、感覚的にいい料理写真が撮れるようになってきます。

せっかく、いい料理を作っているのに、その良さを伝える料理写真がそれを邪魔していたら、何のための写真かわからなくなります。口を酸っぱくして言います。“テイクアウトサイトを立ち上げるなら、スマホでおいしく見える料理写真の撮り方をご自身で勉強してください”。自分で撮影すれば費用0円なんですから。

Y.Murasaki