Vol.2「収益の柱」を増やす

前回、経営の安定化に向けて次の一手を打ち出していくべきだとお話ししました。そのためには、「店内飲食」だけに頼らない「収益の柱」をまずひとつでもつくり出すことが重要です。

今、どの飲食店も一斉に取り組みだした店内メニューの「テイクアウト」や「デリバリー」、中にはラーメンスープや麺をセットにするなどの半製品や、レトルトパックで商品化した「ネット通販」。このスタイルで活路を見い出しているお店もあります。

これらは、コロナ禍で売り上げを上げるための“一時しのぎ”として始められたものかも知れませんが、立派に売り上げに貢献する事業に発展させているお店もあります。「店内飲食」の他に2つ目、3つ目の収益の柱が完成すれば、経営が安定するだけではなく、自ずとリスクの分散にもつながります。

この2つ目、3つ目の柱は、手間がかかるわりには儲けが少ないかも知れません。毎月読める数字を稼いでくれる存在になれば、例え、儲けが少なくても最低限の維持費を賄ってくれる存在になってくれます。店内飲食だけに依存するスタイルから、売り上げをいくつかの収益の柱で組立てるスタイルに変えていくべきです。

最初から儲かる商売ってないです(最初、儲かる商売は急落するのも早い!)。少ない儲けでもコツコツ積み上げていけば、立派な収益の柱になります。そのために、収益の柱を増やすというよりは、“収益の柱をもうひとつ育てる”という意識が必要です。それが、今、コロナ禍の飲食店がやるべきことなのだと思います。全ては、経営の安定、リスクの分散のためです。行動あるのみです。

Y.Murasaki